本文へ移動

錦星こども園 ブログ

錦星こども園 ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

わくわくタイム

2019-05-16
今年2回目のわくわくタイムがありました。
今日からほし組の子どもたちも参加します。
わくわくタイムは、自分で好きな遊びや先生を選んで遊ぶ異年齢の時間です。9つのあそびのコーナーが設置されます。子どもたちの心がわくわくと沸き立つ時間です。
ゲームであそぼうコーナーでは、わらべうたを行っていました。お友達と楽しく行いました。
粘土や砂であそぼうコーナーでは、砂場でアートを作っていました。
スポーツであそぼうコーナーでは、バランス遊びをしていました。互いの力加減を合わせるのが難しそうでした。
作ってあそぼうコーナーのアニマルキャッチボールでは、紙コップに動物の絵を描いて真剣に作っていました。
折り紙であそぼうコーナーのあじさい作りは、紫や水色等の折り紙を使い、難しいところはそら組に手伝ってもらい進めていました。
絵本であそぼうコーナーでは、はらぺこあおむしの絵本から、想像する色のあおむしを作っていました。中にはにじいろあおむしもいました。
お絵描きであそぼうコーナーでは、こすり出しを楽しみました。こすり具合いにより、色の出方が違うことに気付いた子どもたちでした。
音であそぼうコーナーでは、いろいろな材料を使ってマラカスを作りました。素敵な音色が出ていました。
自然であそぼうコーナーでは、フィールドビンゴをしていました。散歩をしながら項目にあう物を見つけてシールを貼るゲームを楽しみました。

知能あそび:つき組と科学教室:そら組

2019-05-15
つき組は知能あそびをしていました。イラストが描いてあるカードを正しい絵に合わせるあそびをしていました。場面をよく考えながら進めていました。
そら組は科学教室がありました。今回は空気についての実験でした。普段目で見ることができない「空気」を煙を使って動き方を見ました。また、空気の圧力で飛ばすロケットや、的あてあそびもしました。空気の力で物が動くことが分かったそら組の子どもたちは、興奮しながら実験を進めていました。

親子遠足≪勿来の関≫

2019-05-14
今日は、親子遠足で勿来の関に行ってきました。朝方は、雲が空一面を覆っていて、ちょっぴり心配な天気でした。子どもたちの元気なパワーのおかげで、紫外線の心配のない、心地よい風の吹く「絶好の遠足日和」となりました。
今年度の遠足は、学年毎に異なるコースをめぐる勿来の関探検ツアーでした。どのコースにも森林浴ができる山道や海が見える高台がありました。親子でマイナスイオンをたっぷり浴びながら、石畳や遊歩道を歩きました。かわいい草花や木の実、てんとう虫やオオヤマアリを見つけたり、ウグイスなどの野鳥の声を聞いたり、勿来の関の自然を満喫できました。
今回は親子遠足なので、親子で交通ルールを確認してしっかり守ることもできました。お父さんやお母さん、おばあさんもがんばって歩いてくださったので、クラスや学年の親睦も深められたと思います。みんなで食べたおやつは、とても特別な味がしたことでしょう。
立夏が過ぎ、勿来の関の山の中の緑もずいぶん濃くなりました。木々の間には、いろいろな花が咲いていて、目を楽しませてくれました。
勿来の関の親子遠足は、楽しい思い出がたくさんできました。みなさまのご理解とご協力に感謝いたします。ありがとうございました。
 

散歩

2019-05-13
今日は、つき組そら組の子どもたちが、園舎近くの田んぼや地蔵堂へお散歩に行ってきました。
途中、つつじの花やタンポポ等を見つけました。小川をのぞく、とカエルの卵を発見することができました。暖かくなってきたので小さな虫やカエルがいたので、図鑑を見ながら探していきました。
明日は遠足です。天気になる事を願っている子どもたちでした。

楽しい金曜日

2019-05-10
先生とカード遊びをしました。先生の英語の言葉を聞いて、楽しく遊びました。
今日は、Dの文字を書きました。「green」のクレヨンで「doughut(ドーナツ)」のDを書きました。
にじいろホールでは体操教室が行われていました。マット運動では、ハイハイになり体をたくさん動かしました。
トランポリンでは、端から端まで移動してタッチをすることで、トランポリンで揺れる楽しみを味わっていました。
ひかり組の給食の様子です。自分でスプーンを使い、あむあむしながら一生懸命食べていました。
にじ組では、食べ終わったら、自分の布巾で口を拭いたり、エプロンをしまったり自分でできるようになりました。
泉幼稚園
TOPへ戻る