錦星こども園 ブログ

錦星こども園 ブログ

乳児部豆まき集会

2018-02-02
乳児部では、今日からにじ組の子どもたちが復活してきたので、本日豆まき集会を行いました。にじ組の子どもたちは、自分で作った鬼のお面を被って集まりました。
「やいかがし」や「豆」を見せてもらい、豆のいい匂いや「やいかがし」の匂いを嗅ぐ体験もできました。副園長先生から節分の由来についてお話もありました。
ダンボールで作られた鬼も登場しました。
2歳児にじ組の子どもたちが作ってくれていた新聞紙の豆を、鬼の箱に向かってぶつけて、段ボールの鬼を退治していました。「おにはーそと!ふくはーうち!」と言うんだよと、教えてもらって、真似っこして言葉にしている子もたくさんいました。
と、その時です。にじ組のお部屋からドンドンドンと足音が聞こえてきました。すると大きな体の青鬼と赤い鬼が入ってきました。
鬼が登場すると大泣きする子や目をつぶって知らんふりをする子もいました。「豆をまこう!鬼は外!だよ」と、先生たちが言うと、一生懸命玉を持ち豆をぶつける子がいました。こわいけど、何度も投げている子もいて、鬼たちは「いててて・・ごめんなさい」と言って逃げていきました。0歳児の女の子も、その後ろ姿を追いかけて何回も豆をぶつけていました。とてもかわいらしかったです。
これで乳児部からも鬼は逃げていって、福の神が入ってきてくれたことでしょう!めでたし。めでたし。
 
錦星こども園