本文へ移動

錦星こども園 ブログ

錦星こども園 ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

さつま芋の苗植え

2017-06-07
ここが錦星こども園のさつまいも畑です。園の北側になります。広いでしょう!
にじ組の子どもたちは、初めての苗植えです。土を触るのもドキドキしていた子もいました。
ほし組の子どもたちは、苗を受け取ると、優しく土をかけ、トントントンと苗を寝せていました。
つき組の子どもたちは、優しく苗を持って、穴を広げながらしっかりと植えていました。
そら組の子どもたちは、一人4・5本ずつ植えました。手際よく植える手つきは、さすがでした。
今日は、さつま芋苗の植え付けを行いました。
錦星こども園の広い畑は、5月中に畝を立て マルチを張って 準備していました。あちこちに 小さな雑草が生え始めていたので、子どもたちが来る前に お手伝いの方々32名が、除草もしてくれました。
そら組の子どもたちが一番乗り。子どもたちの手には、さつまいもの苗が・・・。園にいる間に 先生からさつま芋の苗を受け取っていました。苗の細さや手触り、茎の色や葉っぱの形、をよく見て、匂いまでかいできたそうです。
お手伝いのおじいさんが、穴をあけていてくれたので、子どもたちは、苗を大事に穴に入れ、向きもそろえて そっと土をかぶせました。そら組の子どもたちは、4~5本の苗を植えました。「大きく育ちますように」と 願いを込めてトントントンと苗の上の土に『おまじない』をかけていました。
つき組は、2~3本、ほし組やにじ組は、2本ずつ植えました。
小さな手で 大事そうに植えるしぐさに、お手伝いの皆さんからは 笑顔がこぼれていました。
今日は、約800本のさつま芋の苗を 植え付けました。
10月初めの収穫まで、まだまだたくさん時間がありますが、除草をしたり 土を寄せたり、さつま芋の苗の様子を観察しながら、成長を見守っていきます。きっとおいしいお芋がたくさん育つことでしょう。
お手伝いしてくださったお家の皆さん、ありがとうございました。

園外保育つき組

2017-06-06
今日はつき組が「アクアマリンふくしま」へ園外保育に行ってきました。
アクアマリンに到着すると、大きな海獣の鳴き声がエントランスの外まで響いていました。「おはようございます!」とアクアマリンの人たちに元気にあいさつをして、中に入ると大きな『カツオのぼり』が出迎えてくれました。
福島県の河川の生き物コーナーや熱帯のコーナーなど、アクアマリン福島の中は、いろいろな魚や生き物がたくさんいます。
海獣のコーナーでは、ちょうど食事の時間でした。アザラシやトドが、大きな魚を丸飲みで 何度も食べていました。
三角水槽では、スタッフの人が水槽のお掃除をしていました。大きなエイがお出迎えしてくれました。小さな魚たちが、マグロを真剣に見ていたT君に近づいてきた時、そっと指を近づけるとと、サササッと逃げました。それがおもしろくてT君は、何度もチャレンジして楽しんでいました。
たくさんの海の生き物に出会って、つき組の子どもたちの心の中にキラキラ輝く宝物の思い出がたくさん生まれたことでしょう。
わあー! こいのぼりみたい。いえいえ これは「かつおのぼり」だよ~!
海獣コーナーの「クラカケアザラシ」は、首のまわりが白くてかわいい
色とりどりの美しい魚たちに、うっとりしちゃいましたね
うわわわわ・・・ これ なにかな? おもしろいねぇ
ゆらゆらゆら~って のぼっていくあわが、キラキラ光って きれいだね
指差しすると、サササッ・・っと にげちゃうよ。おもしろいよねー

そら組園外保育

2017-06-05
今日は、年長児そら組66名が、園外保育で「アクアマリンふくしま」に行ってきました。
自分の見たい魚や海の生きもので7つのチームに分かれ、じっくり観察して絵を描いてくることがねらいでした。
アクアマリン福島の中では、ピンクや青などカラフルな魚や 忍者のように岩と見分けができないような魚、長細い魚や まあるい魚、大きくて1匹で泳いでいる魚や 小さいけれどみんなで集まって大きな魚のように泳いでいる魚たちなど、いろいろな海の生き物を見つける事ができました。その中でも海の獣と呼ばれている大きな「トド」の鳴き声が、エントランスの外まで聞こえてきて、その迫力にみんな圧倒されていました。
楽しく見学をして、自分のお気に入りの海の生き物の絵を描きました。お気に入りの生き物の水槽の前に座って、何度も何度も その生き物の特徴をよく確認をしながら描いていました。「怖い目をしているよ!」「にじいろに光っていてきれいだね~」同じ生き物を選んだお友だちと、感じたことを言葉にしながらクレパスを使って丁寧に描いていました。
アクアマリンの後は、小名浜港まで漁船を見に行きました。
大きな漁船や 作業船が何艘も泊まっていました。近くで見ると、とても大きな船でした。風力計がくるくる回っていて、レーダーがついていて、サンマを獲る装置がついている大型漁船は、パンダバスとSLバスを合わせたより大きくて、みんなびっくりしていました。
いろいろなことを学ぶことができた そら組の園外保育でした。
な、なんと大きなタコでしょう! 吸盤の数かぞえてみようか・・!
かわいい魚たちが い~ぱいね★ キラキラ光ってるよ
サンゴ礁の海には、色とりどりの魚たちが集まって、ダンスをしているみたい!
このカニ、立ってるよ! なが~い足だね~!
なが~い足にも赤い模様がついていたんだ。
あれは、何に使うの? サンマを獲る時に使う装置だよ と、教えてもらいました。

楽しい金曜日

2017-06-02
今日は金曜日です。
幼児部では、英語教室がありました。そら組では、アルファベット書きました。今回は「B」でした。Bを頭文字にした「Bed」の文字を書いてから、ベットの絵をクレヨンで描きました。
ほし組とそら組は、体操教室がありました。ほし組では、ボール遊びをしていました。何度も高く投げ上げるのを楽しんでいました。どこまで高く上げられるかを挑戦していまいました。最高の子は、10回も連続で高く投げ上げられる子もいました。
つき組では、お父さんの顔を作っていました。髪の毛を黒い画用紙で表すのに、ハサミをうまく使って切っていました。
にじ組の子どもたちは、しゃぼん玉遊びをしていました。そ~っと息を吹きかけて、上手に飛ばしていました。
今日は、お天気の変化が目まぐるしかったですね。突然大雨が降ったり、雷が鳴ったり、青空が広がったり、気温が下がったり・・・
まだまだ不安定な天候が続く6月です。衣服の調節をこまめに行って、健康な毎日が過ごせるようにしていきましょう。
英語教室です。アルファベットの「B」を頭文字にしてカラフルなBedを描いていました。
体操教室です。連続でボールを高く投げ上げることができるようになったほし組の子たちです。
くろいかみの毛をたくさんつけるんだ!と言って真剣にハサミで切っていました。
しゃぼんだま とんだ♬ やねまで とんだ♩ ふわふわ~ってとんだね~しゃぼん玉

避難訓練

2017-05-31
今日は、避難訓練を行いました。園の東側の住宅から火災火発生という想定です。
今年度初めて部屋から園庭に出て避難をするので、先生から避難の仕方を教わりました。非常ベルの大きな音が、こども園の中に鳴り響きました。先生のアナウンスをよく聞いて、乳児部園舎北側まで急ぎ足で避難をしました。乳児部の子どもたちも、外遊びをしている状態からバギーにのり避難をしました。
少しドキドキしたようですが、4分ちょっとで無事避難する事ができました。
最後に園長先生から「お➡おさない」「か➡かけない」「し➡しゃべらない」「も➡もどらない」お・の合言葉を教えてもらいました。
子どもたちの命を守る「避難訓練」は、火災や地震などのとっさの時にそなえて、毎月実施していきます。
きょうは、ひなんくんれんをしますよ。せんせいといっしょに ひなんします。
ハンカチを口にあてて、静かに避難します。
お友だちと一緒に、急ぎ足でお話をしないで避難しました。
乳児部ひかり組の子どもたちは、避難車に乗って避難しました。
2歳児にじ組の子どもたちは、先生と一緒に静かに集まっていました。
園の窓や戸を全て閉め、建物の中に残る人の確認をして、避難開始から約4分で、訓練は終了しました。
泉幼稚園
TOPへ戻る