本文へ移動

錦星こども園ブログ(2020年度)

錦星こども園の春 草花編

2020-04-27
錦星こども園には、子ども達の大好きな園庭の森があります。
この1週間、錦星こども園の森の中から、春ならではの「小鳥たちの鳴き声」が響き渡っています。
いつもなら、元気な子ども達の声にかき消されていたことりのさえずりが、とてもきれいに聞こえてきます。
うぐいす・オナガ・キジバト・・・もっと違う小鳥もいるのでしょうが、残念なことに、私は名前が分かりませんが、
それはそれは、いい声です。子どもたちみんなに聞かせたいなあ・・・
園庭に出て、木々を見上げても、小鳥の姿を見つけることもできませんでした。
 
そこで、今日は、「錦星こども園の春」と題して、園庭の木々や草花を紹介します。
 
2月頃から5月初めまで咲くいろいろな種類の桜、大きな黒松やイチョウ、桑やプラムの木、クリや柏の木、梅や桃の木・・・等の樹木はもちろん
日本たんぽぽ、カラスノエンドウ、ヒメオドリコソウ、カキオドシ・・・等の草花も、たくさん咲いています。
その中から、今日写した かわいい写真を載せます。
 
Part1は、草花編です。
一緒に楽しんでいただければ幸いです。
 
錦星こどもたちのみんなが、また園庭で元気に遊ぶ日を、心待ちにしています。
そして、子ども達や保護者の皆様が、この休業中も元気に過ごされますように!と願っています。
子ども達が球根を植えたチューリップ
T君のおじい様からいただいた ビオラ
桃の木の下に咲くおしゃれな 水仙
ヘビイチゴの黄色い花
うさぎ君たちも大好きなシロツメクサ
ピンクがひときわ鮮やかな ハルジオン
うすむらさき色の可憐な カキオドシ
豆が待ち遠しい カラスノエンドウ
なんと!クヌギから根っこが!

錦星こども園の春 樹木編

2020-04-27
北側駐車場へ続く八重桜並木。間もなく満開。塩漬けにしようかな
新芽~落葉まで赤い ノムラモミジの花
緑のモミジもやっぱり 赤くて小さい花
幼児部事務室前の 白い可憐な山桜
大輪の椿の花 おままごとに最適です
小さく実り始めた 梅の実
鮮やかで大きなピンクのツツジ
白や薄ピンクの上品なツツジ
見えますか? カラタチの白い花
錦星こども園には、もっともっと いろいろな樹木がありますが、
 
今日は ここまで。
 
明日も きっと いい天気。
 
ブログをご覧になってくださっている皆様に、幸せがやってきますように!

臨時休園中の新型コロナウィルス対策

2020-05-14
おもちゃは消毒液で洗い、乾かします
机にシートを敷き、その上にタオルを広げて…
先生も石けんでしっかり手を洗います
新型コロナウィルス感染症のニュースが毎日飛び交っています。
錦星こども園では、臨時休園中も感染予防対策として、以下の取り組みを徹底しています。
 
●おもちゃ、遊具の消毒(アルコールおよび次亜塩素酸水を使用)
●石けんでの手洗い
●マスクの着用
 
また、子どもたちが「3密」を避けて生活できるよう、ご飯やおやつのときは
・1つのテーブルにつき2人まで
・向かい合わないよう互い違いに座る
ということを、子どもたちに根気強く伝えています。
子どもたちを新型コロナウィルスから守るため、これからも予防策を講じていきます。
 
 
最後に、子どもの病気とケアについて掲載されているウェブサイト「教えて!ドクター」より、
新型コロナウィルスに関係するポスターとパンフレットを掲載します。
特にポスターは、子どもが見ても分かりやすい内容になっておりますので、ぜひお子様と一緒に読んでみてくださいね!
 

砂場の火山!?

2020-05-16
今日は土曜日。
人数が少なかったので、学童さんも幼児部も乳児部も一緒に遊びました。
 
砂場で遊んでいた、学童のRくん。
「先生、でっかい山 作って、トンネル掘ろう!」
と、あそびに誘ってくれました。
 
初めはA先生と2人でもくもくと作っていましたが、次第に仲間が増えていきました。
スコップで土を盛って、斜面を叩いて固めて・・・
何度も繰り返し、できあがったのがこちら!
でっかい山とトンネル、完成!
てっぺんからもトンネルを開通させました
りっぱな姿と頂上に開いた穴が、まるで大きな火山のようです。
さて、砂山とトンネルは完成しましたが、ここで満足する子どもたちではありません。
 
「トンネル掘れたから、水流してみたい~!」
 
・・・いいね!ウィンクしたニンマリ顔
 
さっそく水を流したいところですが、今日はあいにくの曇り空。気温もあまり高くありません。
水は流したい、でも風邪はひきたくない。
う~~ん、どうしよう?
 
みんなで相談した結果、
「お昼になったら小さい子たちがお部屋に戻るから、その後で水を流そう!」
ということになりました。
 
しばらくしてお昼近くになり、乳児部とほし組の子どもたちが先にお部屋に戻った後で・・・
 
放水開始!!
大成功!!
 
四方に開けたトンネルから、水が流れ出てきました!
盛り上がるあそびの様子を動画に撮ったのでご覧ください一眼レフカメラ
じょうろで・・・
火山が崩れた~!
水路を工事しています。が、途中で・・・
やっとこさ、水路開通!
雨が降ってきましたが、みんな止まりません
それぞれが最後の一回を流して、今日はおしまい。
雨が降りはじめていたので、使ったシャベルやコップ、じょうろを急いで片付け、
最後に砂場にシートをかけてお部屋に戻りました。
 
のんびりした土曜日に、夢中になって遊んだ子どもたちでした。
とっても楽しかったね!

休園明けの畑しごと

2020-05-21
長かった休園期間が終わりました。
新型コロナウィルスへの感染予防に努めながら
今日からは通常通りの保育を行っていきます。
 
休園明け初日の錦星こども園は、さつま芋の苗植えから始まりました!
昨日は一日中雨だったので、畑の土がとても柔らかくなっていました。
 
最初にやってきたのは、そら組の子どもたちです。
さつま芋の苗を一本とって
マルチシートの穴から土を掘り、植えていきます
丁寧に、丁寧に。
畑について、足を踏み入れたとたん・・・
「うわー!抜けなーい!」
柔らかくなった土に足を取られ、あちこちで助けを求める楽しそうな?声が上がりました。
しかし、さすがは そら組。助け出された後は、慣れた手つきで苗を植えていきます。
 
先生「大変だったね。だいじょうぶだった?」
そら組「うん! おもしろかった!」
 
なんとも逞しい答えが返ってきました。
 
続いて到着したのは、つき組の子どもたち。
穴に手を入れて掘ります
苗を穴の中に差し込んで・・・
最後に、優しく土をかぶせます。
やっぱり最初は・・・「わー!埋まっちゃったー!」
いろんなところが泥だらけ、今にも転びそうになりながら・・・でも、やっぱり楽しそう。
 
自分のクラスの畝までたどり着いた子から、マルチの穴に手を掘って、そっと苗を植えていきます。
「大きなさつまいもになってね」「甘くておいしいさつまいに育ってね」と願いを込めながら、最後にそっと土をかぶせます。
 
 
最後に挑戦するのは、ほし組の子どもたちです。
 
案の定、ほし組の畑からも・・・「先生ー、うごけなーい!」
先生に手を引いてもらったり抱っこしてもらったりして「底なし沼?」を脱出した子も、
みんなと一緒にさつま芋の苗をていねいに植えました。
先生に助けてもらいながら
そっと植えます
大きなおいもになあれ!
「楽しみだね」「うん」
長靴が泥だらけになった子もたくさんいましたが、「苗を植える」のも「底なし沼体験」も、とても楽しかったようです。
これから苗の周りの除草をしながら、苗が育っていく様子を観察して、
秋に大きなさつまいもがたくさん収穫できるように、みんなで世話をしていきましょうね。
学校法人 星学園
〒974-8232
福島県いわき市錦町花ノ井18番地
TEL.0246-63-1189
FAX.0246-63-7789
TOPへ戻る