本文へ移動

錦星こども園 ブログ

錦星こども園 ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

なかよしクラブ 下川公園

2017-06-14
錦星こども園では、まだ幼稚園や保育園、こども園に入園されていないお子様(未就園児と言います)とその保護者様のための「親子なかよしクラブ」を開催しています。
※詳しくは、星学園のHPをごらんください
 
火曜日の親子なかよしクラブは、2歳児クラス「パンダランド」です。今回(第5回目)は、SLバスに乗って泉町にある『下川公園』へ園外保育に出かけました。
バスの中では、お母さんや先生と歌を歌ったり、おやつを食べたりして楽しく過ごしました。
下川公園についてすぐ、とてもひろ~い広場で、バスに乗る前に作っていた「ロケット(傘袋に模様を描いて膨らませたもの)」を飛ばして遊びました。咲いていた草花で、お母さんにお花のブレスレッドを作ってもらったお子さんもいました。
下川公園には、錦星こども園にない遊具がいろいろありました。
シーソーは、お母さんや先生と一緒に遊びました。スーッと上がって ピタッと止まり、スーッと下がって ドンっとなるのがおもしろくて、もう1回!もう1回!!と言ってシーソー遊びを楽しんでいました。動物の大きな置物は丈夫にできていて、小さな子どもたちが座ったり、乗ったり立ったりするのに ちょうどいい大きさでした。
 
錦星こども園の親子なかよしクラブは、親子の絆と同年齢のお子様を持つお母さま同士の輪を広げる楽しいプレイサークルです。
親子なかよしクラブで、一緒に子育てを楽しみましょう。
バスに乗る前に 油性マジックでお絵描きしました。ふわ~っと飛ばせて 楽しかったですね。
黄色や白の花を摘んだら、お母さんンがブレスレットを編んでくれました。とってもかわいい!!
これ、シーソーっていうのよ。上がったり下がったり・・・楽しくって何回も遊びたいね☆
見て見て!! ゾウさんの上に乗っちゃったよ!怖くないよ!!
太鼓橋(たいこばし)に登ったよ!手と足を交互に動かして、どんどん登れちゃうよ。

そら組科学の教室

2017-06-14
今日は、にじいろホールで5歳児そら組の「科学の教室」がありました。
今回の科学教室は、身近な物を使って、いろいろな音を出して楽しみました。
犬の鳴き声が聞こえました。どこに犬がいるのだろうとみんなが探していると・・・ な、なんと、紙コップを使って先生が出していた音だったのです。みんな、びっくり!
続いて、糸電話のようなマイク電話を体験しました。糸電話の糸の代わりにバネを使い、声を出すと「エコー」がかかっているマイクのように相手の声が聞こえてきます。耳をコップにあてると、おもしろい音が響いていました。
最後に、紙コップや、貝殻や、乾燥させたトウモロコシの実(コーン)を使って、いろいろな音を出しました。
貝殻をこすり合わせると、カエルの泣き声がしました。
紙コップをもって、床にあてると、馬の足音を出せました。
箱に入れた実(コーン)をそっとゆっくり動かすと、波の音が聞こえました。
どの音も、本物みたいな音でした。
いつも何気なく聞いている様々な音ですが、科学教室のマジックを使うと、いろいろな音を作り出すことができるというおもしろさを味わいました。
家に帰ってからも、身近なものを使って、いろいろな音を作り出してみましょう。新しい発見ができるかもしれませんよ。
この糸をこすると・・・ワン!ワン! おお!! おもしろい!
まあ~ ふしぎだわ~
パッカ♫ ポッコ♬ パッカ♫ ポッコ♫ おもしろ~い!
ゲロ ゲロゲ~ロ
ザザザザザ~~~ ザザザ~ すっご~い!海だ海だ!

ほし組の園外保育

2017-06-12
チョウザメって、ひげが はえてるよ!おもしろいよねー!!
かわいいさかながいっぱいいるよ。みんなこっち むいてるね!
せんせい、ドリーがいるよ!「ナンヨウハギ」って言うんだよ。
ちっちゃいさかなたちが いーーっぱいいるよ★
今日は、ほし組が「アクアマリン福島」にでかけました。待ちに待っていた園外保育です。
アクアマリンの入口から「 古代の海のコーナー」に入ると暗くなりまる。少し緊張していたほし組の子どもたちを笑顔にしてくれたのは、「チョウザメ」でした。子どもたちを追いかけるようにギラギラした目で見ていました。
次に向かったのは「川辺のコーナー」でした。
川などに住む魚やカエルなど多くの生き物に会うことができました。
続いて「熱帯魚のコーナー」に行きました。鼻が長~くみえる「ツマリテングハギ」やピンク色の「ハナゴイ」砂にもぐっている「チンアナゴ」、色鮮やかな模様の魚たちがお出迎えてくれました。
最後は「深海のコーナー」で、たこやカニなどを見つけ、ゆっくりと動く様子に感動してきました。楽しかった園外保育でした。

楽しい金曜日

2017-06-09
みんな大好きトランポリン。そら組になるとジャンプの高さが増してきます。
毎週C先生と遊ぶので、英語が身近な言葉になってきています。
どっちのかざりにしようかな・・・まよっちゃうな~
みてみて、もうすぐ おやつのじかんが おわります。
にじいろホールでは、今日も元気な声が聞こえてきました。
金曜日は、元気いっぱいの「体操教室」があります。
毎週行うそら組は、今回もジャンプして1!2!エビ!と元気なかけ声で、エビのように体をそらす連続ジャンプのトランポリンを楽しんでいました。
金曜日はもう一つの「英語教室」があります。
先生のカードをよく見てフルーツバスケットをしていました。
C先生の発音をよく聞いて、ゲームを楽しんでいました。
 
明日は、6月10日。時の記念日です。この記念日にちなみ、錦星こども園の幼児部は、一人ひとりが時計を作っています。
つき組は、お父さんの時計です。まわりにつけるかわいい飾りを自分で選んでていねいに貼って作っていました。
完成までもう少しですね。
お家に届くまでもう少しお待ちください。お楽しみに!

さつま芋の苗植え

2017-06-07
ここが錦星こども園のさつまいも畑です。園の北側になります。広いでしょう!
にじ組の子どもたちは、初めての苗植えです。土を触るのもドキドキしていた子もいました。
ほし組の子どもたちは、苗を受け取ると、優しく土をかけ、トントントンと苗を寝せていました。
つき組の子どもたちは、優しく苗を持って、穴を広げながらしっかりと植えていました。
そら組の子どもたちは、一人4・5本ずつ植えました。手際よく植える手つきは、さすがでした。
今日は、さつま芋苗の植え付けを行いました。
錦星こども園の広い畑は、5月中に畝を立て マルチを張って 準備していました。あちこちに 小さな雑草が生え始めていたので、子どもたちが来る前に お手伝いの方々32名が、除草もしてくれました。
そら組の子どもたちが一番乗り。子どもたちの手には、さつまいもの苗が・・・。園にいる間に 先生からさつま芋の苗を受け取っていました。苗の細さや手触り、茎の色や葉っぱの形、をよく見て、匂いまでかいできたそうです。
お手伝いのおじいさんが、穴をあけていてくれたので、子どもたちは、苗を大事に穴に入れ、向きもそろえて そっと土をかぶせました。そら組の子どもたちは、4~5本の苗を植えました。「大きく育ちますように」と 願いを込めてトントントンと苗の上の土に『おまじない』をかけていました。
つき組は、2~3本、ほし組やにじ組は、2本ずつ植えました。
小さな手で 大事そうに植えるしぐさに、お手伝いの皆さんからは 笑顔がこぼれていました。
今日は、約800本のさつま芋の苗を 植え付けました。
10月初めの収穫まで、まだまだたくさん時間がありますが、除草をしたり 土を寄せたり、さつま芋の苗の様子を観察しながら、成長を見守っていきます。きっとおいしいお芋がたくさん育つことでしょう。
お手伝いしてくださったお家の皆さん、ありがとうございました。
泉幼稚園
TOPへ戻る